Apache設定のあれこれ

WebサーバーとしてApacheを使っている人は大勢いると思います。

が、たまにデフォルトのままで利用しているサイトも

多々見受けられます。

その中でこれだけは!という設定項目を記載致します。
※ちなみにApache2系での例となります。


まずその前におさらいです。


Apacheとは、フリーソフトウェアとして無償で公開されており、

現在もっとも人気の高いWebサーバーソフトウェアになります。

クライアントからの要求に対しHTMLを返す役割を果たします。



では、これだけは設定しておいた方がよい項目を列挙致します。


○ディレクトリファイル一覧を表示させない

あるディレクティブ設定にて以下の通り設定。

Options Indexes FollowSymLinks



Options -Indexes FollowSymLinks

Indexesに-(マイナス)を追記するだけ。


○Apacheのバージョンを表示させない

httpd.confにて以下の通り設定。

ServerTokens ProductOnly
ServerSignature Off


○アクセス元のIPに対してネームサーバーへの逆引きを行わない

httpd.confにて以下の通り設定。

HostnameLookups Off

こちらがOnの場合はアクセスの度にネームサーバーへ問い合わせるので

大量のアクセスのあるサイトではOffにするのが望ましいです。


○.htaccessが使えるようにする

あるディレクティブ設定にて以下の通り設定。

AllowOverride none



AllowOverride all

何かと.htaccessは使うと思うのでこちらの設定で問題はないかと思います。


○デフォルト表示ファイル指定

httpd.confにて以下の通り設定。

DirectoryIndex index.html index.php

上記の場合は、index.htmlが優先度が一番高いです。

index.htmlがなかった場合は、index.php

表示いたします。


各それぞれ設定後に、Apacheの再起動が必要ですのでお忘れなく。


コメントを残す




Menu

HOME

 TOP