Gitでパニくった時の対処法

よくGitのコマンドでパニくる事ってあと思います。

少なくとも私は・・・。

またよく忘れてしまうので、備忘録として残します。


編集内容を戻したい(git add前)



こんな時はこれで一発です。


git checkout [ファイル名]


これは楽チンですね。


編集内容を戻したい(git add後で、 git commit前)



単純にaddの取消はこちら。


git reset HEAD


また、ワーキングツリーの変更も含めて戻す場合はこちら。


git reset --hard HEAD


これまた楽チンですね。


編集内容を戻したい(git add後で、 git commit後)



このあたりになるとゾっとする私・・・。

では単純にコミットだけを戻す場合はこちら。


git reset --soft HEAD^


また、コミットもindexもワーキングツリーも戻す場合はこちら。


git reset --hard HEAD^


プッシュされているコミットを戻す



こちらはまず、以下で戻すポイントのSHAを確認


git log

commit xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
・
・
・


上記でいうところの、xxxxxxxxxxxxxxx…..


これを確認できたら以下で戻す。


git revert xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


とりあえずリモート状態へ戻す



最終手段はこちら。


git reset --hard origin/master


上記の「master」は戻したいブランチ名になります。


あまり作業戻しはしたくないですね。


コメントを残す




Menu

HOME

 TOP