CentOSにmemcachedインストール

最近の案件ではあまり導入してませんが、

今後も何かと利用すると思いますので

忘れないうちにメモです。


前提条件
CentOS5.8
Apache2.4.2
PHP5.4.3


非常にわかりやすというかほぼ対応が一緒ですので、

こちらの先人様のページの方が見やすいかもですね^^;


それではまずサーバー側の設定です。

tarファイルをダウンロードしmake install。

# cd /usr/local/src
# wget -v http://memcached.googlecode.com/files/memcached-1.4.8.tar.gz
# tar xfz memcached-1.4.8.tar.gz
# cd memcached-1.4.8
# ./configure
# make
# make install
# ln -s /usr/local/src/memcached-1.4.8/scripts/memcached-tool /bin/memcached-tool


そしてmemcache起動。

rootで起動するとエラーになるので、-uを付与
# memcached -d -m 64 -p 11211 -l 127.0.0.1 -u nobody


起動スクリプトを設置。

# cp /usr/local/src/memcached-1.4.8/scripts/memcached.sysv /etc/rc.d/init.d/memcached
# chkconfig --add memcached
# chkconfig memcached on


そして次にクライアント側(php)の設定です。

libmemcachedのtarファイルをダウンロードしmake install。

# wget http://launchpad.net/libmemcached/1.0/0.53/+download/libmemcached-0.53.tar.gz
# tar xfz libmemcached-0.53.tar.gz
# cd libmemcached-0.53
# ./configure
# make
# make install
# /sbin/ldconfig


peclからmemcachedライブラリを取得しmake install。

# cd /usr/local/src/php-5.4.3/ext
# pecl download memcache
# tar xvzf memcache-2.2.7.tgz
# cd memcache-2.2.7
# phpize
# ./configure
# make
# make install
Installing shared extensions:     /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20100525/
# ll /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20100525/
memcache.so


memcacheのエクステンションを有効化。

# vi /usr/local/lib/php.ini
extension=memcache.so


最後にapacheのリスタート

# /usr/local/apache/bin/apachectl graceful


これで導入は完了です。

phpinfoなどでmemchacheが有効になっていれば問題ないですね。


後日、phpからのmemcache利用方法をお伝え致しますね。


コメントを残す




Menu

HOME

 TOP